おせん's World

目に見えない世界の不思議なこと…エネルギー…ヒーリングについてのオイラ的なお話

認識と細菌と見えない世界

顕微鏡もまだ無くて細菌が発見されていなかった大昔は、伝染性が強い感染症は『災厄だ!』『瘴気だ!』『祟りだ!』とされた。。。というお話しをネットで見つけて読んだコトがあります

大昔は…肉眼では見えない病原の細菌や微生物は、知らないし認識もされていませんから…当時の人々にとって『この世には存在しないもの』となっていたんでしょう。

だから…実際は病原の細菌や微生物に影響を受けていても、目に見えない…知らないし認識もない…この世には存在しない…から原因不明…となって『災厄だ』『瘴気だ』『祟りだ』になったんでしょうな

おそらく当時の人達には、災厄や祟りとかの方が現実味があったのかもね
 


波動的な世界の事柄もこれと似ているよな〜と思いました。
波動エネルギーは細菌や微生物同様に肉眼では見えないし

見えない波動的な世界の認識の度合いによって、その現実味の度合いも人それぞれ違うよな…と。

この世に存在するもの全ては…もちろん全ての人も…目には見えないとはいえ、もれなくこの世の様々な波動エネルギーの影響をいつも受け続けているんですけど。。。

それを認識している人にとっては『現実味があること = この世に存在しているもの』

それを全く認識していない人にとっては、影響をしっかり受けてはいても『現実味がないこと
または、迷信か誰かの空想妄想話 = この世には存在していないもの。』

。。。という捉え方の違いになるんでしょうね。

目には見えないし、個々の波動体質の強弱やコンディションの違いもあるので、実体験や認識の差が出るのは当たり前のことですけど

特に。。。
波動体質が『強い』傾向の人は、身体の自己回復力が高めの人が多く、見えない波動
エネルギーに身体が負けて体調を崩す…なんてことは余程のコトが無いとありませんし、

波動的な『穴』が全く無い人は、見えない波動エネルギーに心が強く影響を受けて心が病む…なんて事は余程のコトが無いとありませんから…

様々な見えない波動エネルギーがこの世に存在してて、人にも影響を与えたり色んな現象を引き起している…と認識するのはなかなか難しいでしょうね

でも、
『自分が認識していないもの = 自分には無関係なもの』ではないので、
「そんなこともあるんだろうな〜」くらいは頭の片隅に入れておいた方が良いと思いますよ
あくまでも、オイラの個人的意見…ですが

人の認識や目には見えないなんて関係なく、確かにこの世に存在していますから



顕微鏡などの発明によって、その姿を現し『この世に存在するもの』と人々に認識された細菌や微生物。

この世の様々な波動エネルギーを、誰でも肉眼で見ることが出来る器械が発明されちゃう。。。なんて時代もいつかやって来るんですかね…それが人にとって善いコトなのか悪いコトなのかは別として


んじゃ、今回はこれにて。。。m(_ _)m

  

『このブログを浄化します。』

ランキングに参加しております。。。

とりあえずお気軽にポチッとm(_ _)m


人気ブログランキングへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村