おせん's World

目に見えない世界の不思議なこと…エネルギー…ヒーリングについてのオイラ的なお話

呪詛と呪縛とおまじない

今回は『ビビらせて申し訳ありませんm(_ _)m』と先にお詫び申し上げておきます

さて……

丑三つ時に…夜叉の形相で五寸釘を藁人形にカーンカーンと力一杯打ち付ける…

オカルトな番組でよくある『呪詛(じゅそ)』のシーンですね。 おぉ〜怖っ 

   □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □  □ □ □ □ □ □ □

呪詛って呪術…呪いのコトです。

自分の生き霊や念と人外のモノのチカラを借り、

特定の人や場所を気合い込めて呪ったり縛ったりする儀式や行為のコトです。

 
個人的なモノ〜特定の業界〜国家規模のもの…
和風にアジア風にインド風に西洋風…
生命力を弱める〜災いをもたらす〜願いを叶える〜操作する…etc.…
と呪詛の規模も国籍も目的も様々です。


『それって平安時代とかの大昔のお話でしょ〜?』とか

『オカルト映画や本で観たことあるよ〜』と言う人がほとんどでしょう。

 

平成となった現代でも呪詛は現実的にあるんですよ

オイラは仕事で呪詛に対処する事が実際に頻繁にあります

呼び名が今どき風に変わっているだけです。

正直『こりゃ平安時代に逆戻りかょ…』って感じですよ。

呪詛ってオカルト番組に登場するような仰々しい古典的なモノばかりじゃないんですよね。

 

オイラは、オカルト番組登場の古典的な呪詛の他に……

◆人外のパワーを借りて行った儀式ちっくなこと。
◆エネルギーワークなどの伝授とかアチューンメントとかエネルギー調整。
◆アファメーション。
◆特定の文言の暗唱。
◆おまじない。
◆開運法。
◆念送り。 
◆暗示や刷り込み。 
◆人外の存在に対するお祈りや願掛け。
◆スピリチュアル系の能力開発や瞑想CD。
◆スピリチュアル系のグッズ。

……など、

一見そんな風に見えないコトも

一応『呪詛』または『呪詛を仕掛ける媒体』のカテゴリーに入れてます。 

 

意外でしょうが、その対象になった人の波動には、

どれも呪詛された状態と同じような特徴がクッキリと現れますからね。

 

もちろん全てが必ず…とは言いませんが、

実際は呪詛だったり呪詛が仕込まれてる確率が高いんですよ。

だからチェック対象にしています。

 


呪詛は自分の強い想いのエネルギーの他に人外のモノのチカラを借りて

と言いましたが、人外のモノってもちろんほとんどがモノノケです。

 

オイラが呪詛のカテゴリーに入れているモノは

全てモノノケの得意分野なんですよ


いかにも呪詛臭いモノだけでなく、
現代は素敵な謳い文句やカジュアルな文言になっている事も多いので、
『呪詛』とは思わずに『願いを叶えるおまじない』や『運気を上げる』って感覚で
相手や自分にお気軽にやっちゃってる場合が多いですね

もちろん、見えないからバレないと思って、
呪い臭プ〜ンプンの禍々しい意図をもって実践してる輩も残念ながらいますけど

 
ノーリスクでハイリターンな事は、この世には一切ありません。
モノノケと密に関わればリスクは大なり小なりあります。
 
そして呪詛には必ず…『人を呪わば穴二つ』がセットです
呪詛をした痕跡は必ず波動に残りますからね


特にスピリチュアルという言葉が浸透してからは、
一昔前ならその道のプロしか知らないような呪術がワリと簡単に手に入れられるようになったし、

実際には『恐〜い呪術』なのに
『可愛らしい素敵なおまじないや開運法に様変わり』して出回ったりしてますから、
うっかり手を出しちゃうのも仕方ないかな〜とは思いますが……

自分にとって(または相手にとって)善いコトだと思ってせっせと実践したことが、
実は真逆の行為だったなんてコトもあるわけで
まったくシャレにならん切ない話ですな…

もちろん、ホントに可愛らしい程度のモノもたくさんありますが……
その判断がつかないなら手を出さない方が賢明だと思います。


それに、『誰かを対象として実践するおまじないの場合』を考えてみて下さい。

もしも逆に…
自分が知らないうちに誰かから呪詛やおまじないを掛けられていたら?……

…当然イヤですよね

いくら目に見えないしバレないからといって、
自分がされてイヤなことを他人様にする…
ってのは辞めた方が良いですよね、やっぱ

んじゃ、今回はこれにて。。。m(_ _)m

osensworld.hatenablog.com

osensworld.hatenablog.com

『このブログを浄化します。』



ランキングに参加しております。。。

とりあえずお気軽にポチッとm(_ _)m


人気ブログランキングへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村