『天職』はお気軽に就くもんじゃない。

オイラはよく… 「私の天職を教えて下さい…。」…と質問されます。