認識と細菌と見えない世界

顕微鏡もまだ無くて細菌が発見されていなかった大昔は、伝染性が強い感染症は『災厄だ!』『瘴気だ!』『祟りだ!』とされた。。。というお話しをネットで見つけて読んだコトがあります大昔は…肉眼では見えない病原の細菌や微生物は、知らないし認識もされていませんから…当時の人々にとって『この世には存在しないもの』…